このブログは今後は更新されません。FE.labsにてWordPress向けの記事も更新してゆきますのでよろしくお願いします。
今後このドメインは、ファーストエレメントのWordPress関連業務のブランドサイトとして近くリニューアルする予定です(2012/8/24)。
カテゴリ&タグ&カスタムフィールド&年月&キーワードで絞り込み検索ができるプラグイン『FE Advanced Search』

Category:プラグイン/ウィジェット

検索プラグイン、つくってます。

2011-5-19

私が代表を務めるファーストエレメントは、昨日、WordPress用の絞り込み検索プラグイン「FE Advanced Search」の新しいバージョン、1.3をリリースしました。昨年9月のversion 1.2.4以来、8ヶ月ぶりです。

今回は以下のような内容で、今まで寄せられたご要望を中心に、不具合だけでなくいろいろと機能が満載となりました。業務でWordPressをポータルサイト等に活用されている皆さんは、ぜひこの機会に導入をご検討ください。ちなみに、当社Facebookページで「いいね!」クリックしていただくと割引になります→ ファーストエレメントのFacebookページ »

今回のアップデート内容:

  1. 検索結果のソート(並べ替え)機能を実装。
  2. 検索結果の初期の並び順の設定機能を実装。
  3. 検索対象(投稿/ページ/カスタムポスト/等)の設定機能を実装。
  4. Sticky Posts(先頭に固定表示した記事)を検索対象に含む/含まない設定が可能に。
  5. 初期設定カテゴリの設定機能を実装(ポータルサイト等で、他のカテゴリの記事を取得しないように)。
  6. 各条件毎の記事数を検索フォーム内(ドロップダウン等)に表示可能に。
  7. 検索条件が未指定の場合の動作(0件、または全件表示)の設定機能を実装。
  8. カスタムフィールド検索時にドロップダウン形式以外にも対応。
  9. カテゴリ検索時、階層を設定可能(子カテゴリ以下も表示/検索可能)に。
  10. カテゴリ検索時、除外/非表示にするカテゴリIDを設定可能に。
  11. カテゴリ検索時、登録件数が0件のカテゴリを表示しない設定を可能に。
  12. カテゴリ検索時の不具合の改善。
  13. タグ検索時の不具合の改善。
  14. キーワード検索時の、検索対象の設定機能を実装(タイトル/本文/抜粋/コメント/他)。
  15. 設定ページ内、プレビューに「フォーム外観」のCSSを反映可能に。
  16. 設定ページ内、項目の並び順の自動連番を改善。
  17. 設定ページ内、各フォームに名称設定可能に。
  18. 設定ページのデザイン/機能をよりWordPress標準に近いかたちに。
画面イメージ:

CMSとしてWordPressを活用する時、いかに情報の登録(インプット)が簡単であるか、と同時に、登録した内容をいかに活用できるか(アウトプット)も考えないと、システムとしては不十分です。

そのアウトプットの改善方法の1つが検索機能の充実でしょう。たしかに、キーワード検索で十分な場面もありますが、各種ポータルサイト、求人サイト、不動産サイト、商品検索、等、検索機能の充実がユーザーエクスペリエンスにかかわるサイトもあります。

そんなサイトを制作することになった場合は、この「FE Advanced Search」…長ったらしくてスミマセン…えふいーあどばんすどさーち。を、ぜひご用命くださいませ!

ところで…

無料の検索プラグイン、開発中です。

WordPressは元々、query_postsWP_Query等のテンプレートタグ/関数でも簡易的な絞り込み検索はできたのですが、WordPress 3.1 からはAdvanced Taxonomy Queries というような呼び方で、かなり絞り込み検索が柔軟にできるような機能が内部的には備わりました。

これを誰でもより簡単に使えるよう…具体的には検索フォームやソートメニューが簡単に作れるようなプラグインを作ろうと思って試作しています。既にあるかもしれませんが。

FE Advanced Search」は有料です。普通、WordPressのプラグインは(ソフトウェア自体は)無料で提供されるものが多いので、がっかりされる or 驚かれる方も多いでしょう。。。

しかしこちらのプラグインは、プログラマの手を借りず、私宮澤が自力でつくっておりますので(!)無料で提供させていただく予定です(ちなみにFE…は内部的にはAdvanced Taxonomy Queriesはまったく使わず独自仕様です)。

Advanced Taxonomy Queriesをよく理解するための”習作”としてのスタートとなるので、どのように進むかわかりませんが、ご期待の声が多ければそれなりにがんばりたいと思います。

Canonical URLを追加するWordPress用プラグイン。

2009-2-17

Yahoo!もGoogleもMSNも同時に導入したことで最近話題のカノニカルURLをWordPressサイトに自動で挿入するプラグイン。head内にrel=”canonical”が自動挿入されます。とりあえずこのブログにも入れておきました。

解説)
Canonical URL links Yoast (2009/2/12)

ダウンロード)
Canonical URL’s for WordPress 

CMSでつくられたウェブサイトでは起こりがちなコンテンツの重複や、ページ分割されることによってブックマークされるURLがバラついたりするのをなくすことができるようになります。たぶん。301リダイレクトとして扱われるのでPageRankも引き継げる。これによって検索エンジンも効率よくインデックスできるし、サイト運営者もおそらくSEO上の恩恵を得られる。

参考サイト)
サイト内の重複コンテンツを防ぐ新たな手段、rel=”canonical”が登場  F.Ko-Jiの「一秒後は未来」(2009/2/13)

2.6.xでカスタムフィールドが複製されるバグ。

2008-9-7

カスタムフィールドを使用するプラグインは、場合によってキー&値のセットが複製されることがあるようです。

WordPress 2.6.x “Duplicate Custom Field” Issue alexking.org (2008/9/6)

2.6から備わった「Post Revisions」機能による影響のようですが、使用するプラグインが、記事を保存する時に実行されるsave_postというフックが持つ2つのパラメータの内、$postではなく$post_idを使っている場合に複製される問題が起きるようです。

記事のリビジョンは、リビジョン自体がオリジナルの記事とは別の$post_idを持っています。そしてそのリビジョンを保存する時に、オリジナルの記事を保存する時と同じsave_postというフックが実行されるため、$post_idというパラメーターを参照した時に「リビジョンの」$post_idを読み、結果「カスタムフィールドが未登録」と判断されて、追加されてしまうようです。

保存後その記事の編集画面を開くと、オリジナル記事に保存されたカスタムフィールドと各リビジョンに保存されたカスタムフィールドが同時に表示され、ダブって表示された状態になります。

続きを読む »

「Admin SSL」がWordPress2.5に対応。

2008-6-18

WordPressの管理画面をSSLでセキュリティ強化するプラグイン『Admin SSL』。
WP2.5では動かなかったんですが、開発者が別の人に引き継がれ、この度WordPress 2.5に対応した模様です。これからテストするところですが、ご報告します。

■オリジナル版のサイト:
『Haris.tv』

http://haris.tv/2007/04/24/admin-ssl-new-wordpress-plugin/

■WP2.5対応版のサイト:
『bengreen』

http://www.kerrins.co.uk/blog/admin-ssl/

続きを読む »

プラグイン「MyTwitter for WordPress」

2008-5-4

最近日本語化された「Twitter」を始めてみた。

それでWordPress用にもプラグインがいくつかあることを知り、まずは以下を入れてみた。

MyTwitter for WordPress

サイドバーに自分のTwitterのつぶやきが表示される。管理画面内には投稿フォームもある。

最新版のver1.6 Betaにて、WordPress 2.5に対応。

続きを読む »

携帯/スマートフォンからWordPress管理画面にアクセスできるプラグイン

2008-2-24

携帯、iPhone/iPod touchWindows Mobile他、スマートフォン等に最適化された、軽くて表示が早いWordPress管理画面/ログイン機能/ユーザー登録機能を提供。

■名称:
iPhone / Mobile Admin

■概要:
主なターゲットはiPhone/iPod touchだが、携帯電話やWindows mobile等スマートフォンにも対応。WordPressサイトの主要な管理メニュー(admin)にモバイルデバイスからアクセスできる。

・ダッシュボード
記事投稿/編集(自動保存サポート)
・タグ(ver2.3以上)
・コメント管理
・”投稿”記事の管理(”ページ”記事は管理できない模様)
  ※カテゴリ/年月で絞り込み表示可能
・プロフィール編集
・ノーマル←→モバイル用管理画面の切り替え
・プラグインによって投稿画面に追加される項目のサポート
  ※しかし標準のカスタムフィールドは見当たらない(au携帯にて)
・既存のadmin関連プラグインとのライブラリ互換

続きを読む »

Pingスパム防止プラグイン『MaxBlogPress Ping Optimizer』

2008-2-18

気になってはいたけど今まで曖昧にしていた部分…

今回紹介するプラグインは、WordPressブログ/サイトを、過剰ping送信によるpingサーバーからの閉め出しから守るためのプラグイン。

WordPressは、記事投稿時に、あらかじめ設定したpingサーバーにブログ更新の通知を行うことができる(管理画面>各種設定>投稿設定>更新通知サービス)。

しかし、新規投稿時だけでなく、過去に投稿した記事を編集して保存する際もping送信されてしまう。最新版2.3.でも改善されていない模様。

さらにWP2.0では、新規投稿時、タイムスタンプを未来に設定してスケジュール投稿する際、記事を保存した時点でpingが送信されてしまう…しかし記事はまだ公開されていないのでサーバーが巡回しても変更点なし→スパム要素となりかねない。この未来投稿時のping問題は2.1以降では解決されているようです。

これらping問題を解決してくれるプラグインが

MaxBlogPress Ping Optimizer 1.4

続きを読む »

SONYがWordPressプラグイン公開

2008-2-9

米国の「PlayStation.Blog」はWordPressで運営されていて、Web制作会社のcnp_studioが制作したもの。その中で独自に制作されたプラグインが、ソニー側の意向で一般に公開されたようです。

続きを読む »

ウィジェット

2008-1-27

ようやくWordPressの「ウィジェット」機能を使用し始めました。

widget_01.pngウィジェットとは、サイドバーの項目を並び順もその中身も管理画面から簡単に変更することができる機能です。Ajaxを使用してドラッグ&ドロップで直感的に並べ替えできます。ver.2.2以降のWordPressでは標準機能となっています。また2.0、2.1もプラグインを入れることで対応させることができます。

■ウィジェット機能のプラグインをダウンロード(2.2以降は不要)

Widgets Plugin Downloads Automattic, Inc.

続きを読む »

Plugin:星マークで記事を評価『WP-PostRatings』

2007-9-25

まさにメモ的な記事で。
あとから解説追加。

記事の評価ができる『WP-PostRatings』で、クリック後に文字化けが起こるときは、プラグインのソースコードを開いて、サイトの文字コードで保存しなおす。
Dreamweaverで開いて修正>ページのプロパティ>タイトル/エンコーディングにて、
エンコーディング>Unicode4.0 UTF-8にして「適用」。

■名称:
WP-PostRatings

■概要:
記事下部に星マーク(その他管理画面から切り替え可能)で、記事の内容を評価できる。Ajaxを使用するのでページのリロードなし。標準で3種類の画像が用意されているが、画像を置き換えれば星マークでなくてもOKなはず。最高値を設定できるので、細かく10点満点みたいなのから、星3つ、みたいなものまで柔軟に設定可能。

Plugin:ログイン/登録画面をカスタマイズ『Themed Login and Register』

2007-9-5

【追記 2009/12/21】

現在、このプラグインページはなくなっているようです。このプラグインの代替として現在私は「Themed My Login」というプラグインを使用しています。

■名称:Themed Login and Register

■概要:
 WordPressのログイン画面/ユーザー登録画面を、独自のデザインにカスタマイズしやすくしてくれる。管理画面からヘッダ、フッタやHTMLの挿入が可能。また、ユーザー登録時に届くメールの文面も管理画面から登録できる。

続きを読む »

Plugin:記事ごとにmetaタグのkeywords/descriptionを設定『XFish Meta』

2006-10-29

■名称:XFish Meta

■概要:
 WordPressの記事投稿画面から、その記事のヘッダのmetaタグ「keywords」「description」の内容を登録できる。記事投稿画面に用意されたフォームを使用し、記事に関連するキーワードを入力し記事を保存すると、その記事のヘッダ内に「<meta name=”keywords” content=”wordpress, プラグイン, カスタマイズ…”」と自動的に挿入してくれる。descriptionも同様。SEO対策上効果あると思われます。

続きを読む »

Plugin:TinyMCE・FCKeditorの組込み『EditorMonkey』

2006-10-20

■名称:EditorMonkey

■概要:
 WordPressの記事投稿画面およびコメント投稿欄に「TinyMCE」または「FCKeditor」という2つのいわゆる「ビジュアルリッチエディタ」を付けることが出来る。これによりワープロソフトのような感覚で文字の装飾やh1~h6などの設定、テーブルの追加などができるようになる。

続きを読む »

【Plugin】新着記事、最近コメント・トラックバック、更新記事、ランダムetc.で記事リスト作成

2006-10-6

■名称:Customizable Post Listings

■概要:
「最近の記事」「新着コメントのある記事」「更新された記事」「ランダム表示」、その他記事の要素を用いて記事をリスティング。このブログでいう「新着記事」「最近のコメント」「最近のトラックバック」などがこれ1つで可能な、WordPressの万能プラグイン。

続きを読む »

Plugin:新着記事をメールでお知らせ

2006-10-4

■名称:WordPress Post Emailer

■概要:
新規に記事を投稿すると、メールアドレスを登録してくれている読者に’新規記事投稿のお知らせ’メールを自動で送信してくれる。トップページなどに設置されたEmail登録フォームからメールアドレスを登録すると、登録確認のメールが届く。メール本文中の承認のURLをクリックすると登録完了。登録解除のURLも同メールに挿入される。WP2.0以上対応。

続きを読む »

CATEGORY

ARCHIVE

2017年7月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031