このブログは今後は更新されません。FE.labsにてWordPress向けの記事も更新してゆきますのでよろしくお願いします。
今後このドメインは、ファーストエレメントのWordPress関連業務のブランドサイトとして近くリニューアルする予定です(2012/8/24)。
カテゴリ&タグ&カスタムフィールド&年月&キーワードで絞り込み検索ができるプラグイン『FE Advanced Search』

シックスコアに乗り換え。

昨夜、無料求人サイト【シゴトの森】をシックスコアに引っ越した。あらかじめDBのエクスポート/インポートをテストしてWordPressが問題なく稼働することを確認していたので、スムーズに作業完了。作業は10分。DNSの切り替えも含めて2時間半。DNSの更新時間も早くなったねぇ…。

それでいきおい、この「WordPressカスタマイズメモ」もシックスコアへ移転させました。そしたらこちらはDNSの切り替え10分程! ついでにオープン告知サイト【リニュース】はコアサーバーに移転させましたが、こちらは朝になってもまだ稼働しておらず…迷子状態。。まぁ大してアクセスのないサイトなのですが。

シックスコア、速いです

  • PHPを高速化するeAcceleratorが標準でセットアップずみ
  • 高スペックサーバ:Xeon L5410 ( 2.33GHz )、メモリ12GB
  • PHP 5.1.6 /MySQL 5.0.22
  • バックボーンが増えた:128G → 166G
  • まだまだ空いてる(かも)

こんなような理由からか、体感できるほど速いです。エックスサーバーのsv69よりは2倍以上は確実に速い感触。その後、WP Cache、WP Super Cacheも入れましたが、それ以上に効果がある(今はWP Cacheのみ)。

サーバ情報はこちらから↓
マルチドメイン対応、ビジネス仕様 高性能レンタルサーバー 【シックスコア】

 無料求人サイト【シゴトの森】について

2年以上前にとりあえずつくって放置していたら、ポツポツと投稿が入り始めて、今では毎日複数の投稿とそれなりのアクセスをいただいています。WordPressの2.0.xでつくられたレガシーなサイトです。まだあまりWordPressのことを熟知してない頃につくったので、コードの書き方などずいぶん遠回りなことをしています。(get_post_metaというタグすら知らなかった!)

しかし、求人専用に特化した投稿画面を用意したり、複数カテゴリでの絞り込み検索を実装したりと、つくりは雑ですがそれなりの布石を打ったサイトです。カテゴリ絞り込み検索機能は現在では「FE Advanced Search」として単体で販売しております(テンプレートへの実装も含めたカスタマイズ代行業務)。

見た目がアレなことと、ユーザービリティは良いとは言えないので(特に投稿画面)、リニューアルに取りかかったのはすでに1年以上前。しかし自社サイトということで、業務に忙殺されていまだにリニューアル完了しておりません(現状のままでもそれなりに活用されている様子なので甘えている)。

早くリニューアルを終えて、「WordPressでここまでできるのかあ!」と言われるぐらいに仕上げたい><

このエントリーをはてなブックマークに追加

12件のコメントがありますコメントのRSSフィード

  1. KC より:

    さくらインターネットでWordPressMUの運用を検討しているのですが、
    さくらについてはどのようにお考えでしょうか?

  2. みやざわ より:

    コメントありがとうございます。

    実はさくらは触ったことがまだないんです…よく皆さん使われるので一度使っておきたいのですが。

    サブディレクトリ運用ではなく、サブドメイン運用(子ブログをxxx.example.comというアドレスで作成)する予定でしたら、
    あらかじめ確認が必要だと思います。

    シックスコア、エックスサーバーはサブドメイン運用できません(その他多くの共有型サーバも同様)。

    もし作成できるサブドメイン数が限定されているプランなら、おそらくサブドメイン運用は望めません(WPMU上で無限に作れてしまうので)。
    VPS以上のプランならDNSやhttpd.confファイルを触れると思うので、おそらく問題ないと思われます。

    私がサブドメイン運用できることを確認したのは
    「使えるねっと」のLinux VPS シルバー/ゴールド
    「CORE SERVER」のCORE-A
    です。

    サブディレクトリ運用なら特に心配はいらないのでは、と思います。

    あと負荷については、もしWordPress MUを複数人で使うなら当然負荷も高くなるので、
    廉価なプランだと厳しいかもしれません…最悪PHPのエラーを吐くかもしれません。
    またMUの仕様で、小ブログは同じDB上にどんどんつくられていくので、
    子ブログが増えるに従ってDBが重くなるのでは、と心配しています。
    複数のDBを使うオプションもあるようですけどね。
    このあたり、私もまだ勉強不足です…

  3. KC より:

    詳しいお返事ありがとうございます!
    また、誠実なご回答に感謝しております。

    簡単に自己紹介いたしますと、
    私はポータルサイトのオーナーであり、
    WP制作はWEB制作会社へお願いしております。
    現在、要件決めとデザインを確定させております。
    ただ、WPでのポータルサイト制作事例が日本では少ないし、
    ましてやWP MUの情報が少ないのでここを参考にさせていただきました。

    さて、私の考えるポータルサイトでは
    サブドメインでの運用は考えておりません。
    サブディレクトリ運用(www.example.com/xxx/)がいいかな、と思ってます。

    さくらインターネットはまだ検討されていないんですね、
    私はドメイン取得などは以前からさくらでやっていたので
    逆にさくら以外の選択肢がなかったのですが。。。

    MUの子供ブログは同じDB上に作られるんですか?
    WikipediaでWordPress MUは次のように記述されていました。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/WordPress
    「複数ブログの管理

    Movable Typeは複数ブログの管理に標準で対応している。WordPressに複数ブログの管理機能はないが、複数管理に対応した派生版のWordPress MUが開発されている。なお標準版で同一サイト内において複数ブログを運営するには、複数のサブディレクトリにWordPressをインストールするという方法がある。この場合MySQLデータベースは共有となり、追加インストールがうまくできないことがあるので、テーブル接頭辞が異なる追加インストール分のwp-config.phpファイルを手書きで用意しておく必要がある。」

    これを読む限り、標準版は確かに同じDBであることは確かだと思うのですが、MUではそれぞれが別DBなのではないでしょうか?

  4. みやざわ より:

    WordPressのsingle版でもかなりのことができてしまうので、MUの出番がなかなかないんですよね…まさにブログポータルみたいな案件でないと。
    WordPress MUのプラグイン「BuddyPress」というのはご存知ですか?SNS的な機能を付加する公式のプラグインで、WordPress MUでコミュニティサイトをつくることができます。まだβ版ですが注目です。
    http://buddypress.org/

    MUのDBですが、管理画面から子ブログを作成すると、
    下記のように各子ブログに自動でIDが割り当てられてプリフィクスとして付加され、
    同一DB上にWordPressのテーブルセットが自動生成されます。
    wp_blogs,wp_blog_versions… MU全体の設定
    wp_1_posts,wp_1_comments,wp_1_options… 初期インストールされたブログ
    wp_2_posts,wp_2_comments,wp_2_options… 追加で作成された子ブログ
    wp_3_posts,wp_3_comments,wp_3_options… 追加で作成された子ブログ

    Wikipediaに書かれている「標準版」というのはMUではなくてsingle版のWordPressのことだと思います。
    複数のsingle版WordPressを設置する時は、それぞれのwp-config.phpのプリフィクスを手作業で書き換えることで、
    同一DB上に共存できますし、DB名を変えれば別のDBにもインストールできます。

  5. KC より:

    ご丁寧なコメントありがとうございます!

    ブログポータル的なサービスも行おうと思っていたのでMUを検討していたのですが、
    MUにすると、現在検討中の多言語対応プラグインwp_multilingualを使えない、と
    いうことがわかって、普通のWPにせざるを得ないなぁ、と思っております。
    もし対応されたことありますなら、多言語対応のプラグインでお勧めがあったら
    教えていただけるとありがたいです!

    BuddyPressというプラグインは初めて知りました。
    SNSをくっつけることも出来るのですね。
    ただ、実はSNSはOpenPNEをもとにカスタマイズとデザインを入れて
    とても使いやすく機能的なSNSを構築しております。
    近々公開する予定なのです・・・

    single版のWPだったら、
    同一DBとしても、別DBとしても使えるのですね!
    よかったです!同じDBで管理していたら、そこに何か会った場合、
    子ブログすべてに影響がありますから、別DB管理にしたい、と思ってます。

  6. みやざわ より:

    多言語対応のプラグインのプラグインはあいにく使ったことがなく、助言できません。。

    お話からするとかなり本格的なサイトになりそうですね!?
    いつか拝見できたらいいなぁ〜と…

    わからないことがありましたら、またご質問ください^^

  7. ととろん より:

    シックスコア、かなり期待して30日返金保証制度もあるということで
    申し込みをしました。

    スペック的にかなり期待していたのですが、申し込みが殺到しているのか、
    かなり重く転送にも時間がかかりました。
    また、共用SSLの仕様がこれまでの別の商品と違ったため、インストールできない
    プログラムも多く、使用を断念し返金制度を申請しましたが、
    返金対象ではあるものの、契約内容によっては返金できないとのこと。
    また返金手数料が千円も?かかるそうです。

    30日返金保証制度ってことで、お試し価格と考えて契約したのに、
    残念な結果となりました。

  8. KC より:

    はい、だんだん本格的になって参りました(汗
    できましたらご覧いただきコメントいただけると嬉しいです

    そのときはお手柔らかに(笑

  9. みやざわ より:

    ととろんさん

    とても残念ですね…
    私もこのブログでシックスコアをおすすめしているので、ちょっと心苦しいです。

    私の場合「まだ」不満という不満はありませんが、”ビジネス仕様”ということで、少し厳しい目で検証していきたいとは思っています。
    あえて挙げれば、DNSレコードを自由に編集できるのに、WordPress MUをサブドメイン運用できないことでしょうか。
    でもこれはサービス自体にサブドメイン数の制限があるので当然といえば当然ですが。

    速度的なことについては、まだ特別に負荷をかけたりいろんなアプリケーションを設置したりなどの実験はできていないのですが、
    設置済みのサイトについては、明らかにスピードアップを感じました。

    しかし…これは「PHP高速化設定」が効いていると思うので、PHPアプリケーション以外は恩恵を受けられないですしね。
    PHP高速化設定というのは、実態はeAccellaratorという有名なキャッシュシステムですが。。。

    共有SSLについてはこれから試してみたいと思います。
    こと、WordPressの場合はログイン画面をSSL化する「Admin SSL」が使えるかどうか。
    そして独自SSLも申し込んでみる予定です。

    返金の件はちょっと残念ですが、始めから明確に分かっていればまだ納得がいくかもしれませんし、改善してほしいものですね。

    もう少し使い込んでみたいと思います。

  10. みやざわ より:

    KCさん
    楽しみにしております!

  11. [...] と、言うことで「シックスコア」にお引越しすることにしました。… 昨夜、無料求人サイト【シゴトの森】をシックスコアに引っ越した。… シックスコア(sixcore)の申込みから設定、Wordpressインストールまで… [...]

  12. [...] 昨夜、無料求人サイト【シゴトの森】をシックスコアに引っ越した。… シックスコア(sixcore)の申込みから設定、Wordpressインストールまで… [...]

コメント/質問お待ちしています

トラックバックURL:
http://wpcms.jp/523/trackback/

CATEGORY

ARCHIVE

2017年9月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930