このブログは今後は更新されません。FE.labsにてWordPress向けの記事も更新してゆきますのでよろしくお願いします。
今後このドメインは、ファーストエレメントのWordPress関連業務のブランドサイトとして近くリニューアルする予定です(2012/8/24)。
カテゴリ&タグ&カスタムフィールド&年月&キーワードで絞り込み検索ができるプラグイン『FE Advanced Search』

Canonical URLを追加するWordPress用プラグイン。

Yahoo!もGoogleもMSNも同時に導入したことで最近話題のカノニカルURLをWordPressサイトに自動で挿入するプラグイン。head内にrel=”canonical”が自動挿入されます。とりあえずこのブログにも入れておきました。

解説)
Canonical URL links Yoast (2009/2/12)

ダウンロード)
Canonical URL’s for WordPress 

CMSでつくられたウェブサイトでは起こりがちなコンテンツの重複や、ページ分割されることによってブックマークされるURLがバラついたりするのをなくすことができるようになります。たぶん。301リダイレクトとして扱われるのでPageRankも引き継げる。これによって検索エンジンも効率よくインデックスできるし、サイト運営者もおそらくSEO上の恩恵を得られる。

参考サイト)
サイト内の重複コンテンツを防ぐ新たな手段、rel=”canonical”が登場  F.Ko-Jiの「一秒後は未来」(2009/2/13)

このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメントがありますコメントのRSSフィード

  1. [...]   Canonical URLを追加するWordPress用プラグイン。【WordPressカスタマイズメモ】 [...]

  2. [...] 参考http://wpcms.jp/519/ This entry was posted in WordPress, プラグイン. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL. « ☆【自作Plugin】remove-headlinks☆ [...]

  3. [...] 「URLを正規化する」 こんな言葉、初めて聞きました(笑 ↓↓↓ http://wpcms.jp/519/ 「ウェブサイトでは起こりがちなコンテンツの重複や、 ページ分割されることによって ブックマーク [...]

コメント/質問お待ちしています

トラックバックURL:
http://wpcms.jp/519/trackback/

CATEGORY

ARCHIVE

2017年11月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930