このブログは今後は更新されません。FE.labsにてWordPress向けの記事も更新してゆきますのでよろしくお願いします。
今後このドメインは、ファーストエレメントのWordPress関連業務のブランドサイトとして近くリニューアルする予定です(2012/8/24)。
カテゴリ&タグ&カスタムフィールド&年月&キーワードで絞り込み検索ができるプラグイン『FE Advanced Search』

ポータルサイト制作事例

制作例 みやざわ Comm(3)

WordPressによるポータルサイト制作例。

飯田市/昼神温泉/下伊那エリアガイド【南信州.com】

http://iimachi.net/ms/

※音・映像流れます(運営側の意向で延々と流れます。。)

制作:ファーストエレメント


昨年6月からWordPressを使用して公開していた地域情報ポータルサイトのリニューアルです。テキストベースですっきり、SEO対策も考慮したデザインにしました。(実はまだすべて最適化できておりません…たとえばサイトタイトルとページタイトル両方にh1が設定されてしまっていたり、ページ個別にkeywordおよびdescriptionを入力してあるものの、プラグインのコンフリクトが発生したためにOFFにしてあるetc.)

■ページホスティング
このサイトはマルチユーザー版のWordPressMUではなく、WordPressMEを使っています。有料でお店情報を記事として掲載しています。その上各企業にユーザーアカウントを発行し、それぞれがページの更新を直接できるようにしています。現在、携帯からメール投稿で、その企業ページ内の一部を更新する機能を試験中です。

■検索
ジャンル、地域、フリーキーワードによるAND検索(絞り込み検索)機能を設置しました(独自開発)。実はまだお店情報はメタ(カスタムフィールド)をほとんど使わずに、ごっそり本文にテーブルで組んで放り込んであるだけですが、定休日や料金など詳細なデータをメタ(カスタムフィールド)に登録していけば、さらに詳細な検索ができるようになります。

■「NEW」マークの自動表示(ON/OFF)
トップページおよびカテゴリページは投稿日順ではなく、更新された順に並べているのですが、新規登録企業の区別が付くように、投稿してから14日以内の企業情報には赤い「new」マークが自動で付くようなphpプログラムを作成してテンプレートの中でincludeしています。

■別ブログから最新の「写真」を呼び出し
「南信州ブログ」という、写真中心のブログから、最新投稿記事の写真1点のみをトップページに呼び出してきています。

■SNS(OpenPNE)から、更新されたトピックス名の取り出し
まだ公開されていませんが、SNSのすべてのコミュニティ内で更新されたトピックス名を、ポータルサイト側に更新順に表示します。

■おくやみ情報を会員制(ログイン化)に(4/23から)
サイト全体をIDとパスワードで保護し、登録を促します。

■ビジュアルリッチエディタを内蔵TinyMCEからDean’s FCKeditor for WordPress
最近はEditorMonkeyではなく、こちらを(内部を日本語化して)使っています。
FCKeditorは何といってもテンプレート機能が便利ですね。あらかじめお店ページのテンプレートを登録しておいて、スタッフが1クリックで簡単に投稿できるようにしてあります。
※機能は問題ないのですが、このプラグインに限らず、TinyMCEからFCKeditorにプラグインを切り替えると、今まで内蔵TinyMCEで編集したCSSがいったんリセットされてしまいます。例えば投稿画面内で写真の大きさを縮小してあったものはリセットされてオリジナルサイズになってしまうのでもう一度設定しなおさなければなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメントがありますコメントのRSSフィード

  1. まつけん より:

    はじめまして。
    WordPressでのポータルサイト構築を検討しておりまして、こちらの記事を見つけて参考にさせて頂いてます!

    南信州.comでは、その上各企業にユーザーアカウントを発行し、それぞれがページの更新を直接できるようにしています。とありますが、具体的にどのような仕組みなのでしょうか?
    マルチサイト化して、子サイトの編集を各企業さまに運用して頂いているのか、カスタム投稿タイプを使用して、投稿タイプごとにユーザー権限を割り当てているのか?
    今、この部分の設計でどのようにしたら良いか迷っております。。。
    WordPressの経験が浅いので、無知なご質問でしたらすみません。

    ご教授頂ければ幸いでございます。
    よろしくお願いいたします。

  2. みやざわ より:

    まつけんさん、こんにちは。
    実はこのリニューアル、だいぶ前なので、WordPressもまだマルチサイト機能がない頃(ver2.0.10)です。その当時の方法ですが…

    「投稿」で各企業のページをつくります。企業のユーザーアカウントを「編集者」権限で作成し、先につくった企業ページの投稿者に割り当てます。これにより、企業担当者自ら企業ページの編集が行えます。他のユーザーのページは(一覧から見ることはできますが)編集することはできません。また、編集者権限なので、管理者メニューは表示されません。

    さらに利便性を高めるために、企業ユーザー様がログインすると、自社の企業ページにリダイレクトされるようにしてあります。ログイン済みの場合には、ページ右上に「編集」リンクが表示され、クリックするとそのまま編集画面に入れるようになっています。これを実現するには、ユーザープロフィールの「URL」欄に各企業ページのURLを入力し…ちょっと方法を忘れましたがリダイレクトするように設定してあります。

    今では「Capability Manager」 http://wordpress.org/extend/plugins/capsman/ などのより詳細な権限設定ができるプラグインや、ログイン画面をサイトに合わせたデザインにできる「Theme My Login」 http://wordpress.org/extend/plugins/theme-my-login/ 独自の投稿画面がつくれるwp_insert_post http://wpdocs.sourceforge.jp/%E9%96%A2%E6%95%B0%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9/wp_insert_post などの関数を使えば、もっと便利にスマートにつくれると思います。

    ぜひがんばってみてください〜

コメント/質問お待ちしています

トラックバックURL:
http://wpcms.jp/161/trackback/

CATEGORY

ARCHIVE

2017年11月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930