このブログは今後は更新されません。FE.labsにてWordPress向けの記事も更新してゆきますのでよろしくお願いします。
今後このドメインは、ファーストエレメントのWordPress関連業務のブランドサイトとして近くリニューアルする予定です(2012/8/24)。
カテゴリ&タグ&カスタムフィールド&年月&キーワードで絞り込み検索ができるプラグイン『FE Advanced Search』

ポータルサイト&ニュースサイトのトップページ向け記事呼び出し

■使用例
ポータルサイトやニュースサイトのトップページでよく見られる、あるカテゴリから最新5件、別のカテゴリから3件…など別々の条件で複数の記事グループを1つのページに呼び出す。
■現状
記事タイトルの呼び出しだけならば「Customizable Post Listing」というプラグインで簡単に設定できる。
■課題
記事の内容も呼び出したい場合、上記プラグインでも呼び出すことができるが、記事の前半/後半を分ける<!–more–>タグが無効(全文呼び出し)になってしまうので文章量がコントロールできない。


post_excerpt(抜粋)も呼び出すことが出来るが日本語環境では機能しない(いちいち抜粋表示オプションに入力しなければならない…入っていないと本文すべてが吐き出されてしまう)。
■書式
<?php
$posts = get_posts(‘numberposts=2&orderby=post_modified&category=3′);
foreach($posts as $post) :
setup_postdata($post);
?>
(タイトル、本文、など、通常の記事呼び出し。whileの中身)
<?php endforeach;?>
■解説
2行目get_postsの中に「numberposts」で記事数、「orderby」で並び順、「category」で呼び出すカテゴリ(複数カテゴリは半角カンマ区切り)などを設定できる。この設定に従い呼び出された記事が、その後のforeach内の書式で件数分繰り返される。
別のセクションで同様に条件を指定して別の記事グループを呼び出せる。
ブログを使ってブログらしくないWebサイトづくりの基本テクニック?ともいえるかもしれません。トップページなどで頻繁に使っています。

■参考記事
カテゴリーごとに最新記事タイトルを表示 WordPress Japan
Template Tags / get posts WordPress Codex

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント/質問お待ちしています

トラックバックURL:
http://wpcms.jp/158/trackback/

CATEGORY

ARCHIVE

2017年11月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930