このブログは今後は更新されません。FE.labsにてWordPress向けの記事も更新してゆきますのでよろしくお願いします。
今後このドメインは、ファーストエレメントのWordPress関連業務のブランドサイトとして近くリニューアルする予定です(2012/8/24)。
カテゴリ&タグ&カスタムフィールド&年月&キーワードで絞り込み検索ができるプラグイン『FE Advanced Search』

Plugin:記事ごとにmetaタグのkeywords/descriptionを設定『XFish Meta』

■名称:XFish Meta

■概要:
 WordPressの記事投稿画面から、その記事のヘッダのmetaタグ「keywords」「description」の内容を登録できる。記事投稿画面に用意されたフォームを使用し、記事に関連するキーワードを入力し記事を保存すると、その記事のヘッダ内に「<meta name=”keywords” content=”wordpress, プラグイン, カスタマイズ…”」と自動的に挿入してくれる。descriptionも同様。SEO対策上効果あると思われます。


■機能:
 オプション設定画面などはない。またソースコード上での設定も必要ない。しかしソースコードの82~83行目、97~98行目を書き換えることで、入力フォームの説明を英語→日本語表記に変えることができる。

■利用方法:
 wp-content>pluginsフォルダに設置し、管理画面>プラグインにて「XFish Meta」を「有効化」にする。
 管理画面>投稿にアクセスすると、「投稿内容」の欄の下部に「Meta Keywords」「Meta Description」という入力があるので、そこに入力。キーワードは半角カンマ区切り、そしてDescriptionは最後に半角ピリオドを忘れずに。

 以前使っていたバージョン(ver0.3)では、カテゴリページやトップページのヘッダにこれら各記事のキーワードが集積されて挿入されて、膨大な量のキーワードがヘッダに溢れていました。最新バージョンでは個別記事と静的ページ(Page)のみに挿入される模様。あまりにキーワードが多いと検索エンジンにスパム扱いされると思いますので、修正されていて良かったです。

※プラグインのリンク先ページはMacOS Xの標準ブラウザ「Safari」だとうまく表示されない(真っ白)ようです。Firefoxでは問題なく表示されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント/質問お待ちしています

トラックバックURL:
http://wpcms.jp/152/trackback/

CATEGORY

ARCHIVE

2017年11月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930