このブログは今後は更新されません。FE.labsにてWordPress向けの記事も更新してゆきますのでよろしくお願いします。
今後このドメインは、ファーストエレメントのWordPress関連業務のブランドサイトとして近くリニューアルする予定です(2012/8/24)。
カテゴリ&タグ&カスタムフィールド&年月&キーワードで絞り込み検索ができるプラグイン『FE Advanced Search』

Plugin:TinyMCE・FCKeditorの組込み『EditorMonkey』

■名称:EditorMonkey

■概要:
 WordPressの記事投稿画面およびコメント投稿欄に「TinyMCE」または「FCKeditor」という2つのいわゆる「ビジュアルリッチエディタ」を付けることが出来る。これによりワープロソフトのような感覚で文字の装飾やh1~h6などの設定、テーブルの追加などができるようになる。


■機能:
 管理画面>オプション>EditorMonkey という設定画面(英語)が追加され、記事投稿画面とコメント投稿欄でそれぞれTinyMCEとFCKeditorのどちらを使うか、ツールバーのボタンセット、TinyMCEの場合は表示するボタンの選択(プラグインのOn/Off)、ツールバーの見た目(スキン)、投稿画面の大きさ(高さ)、画像のアップロード先の指定(EditorMonkeyのアップロード機能向け)などが設定できる。
 なお、EditorMonkeyをインストールすると自動的にWordPressに内蔵されているビジュアルリッチエディタ(古いバージョンのTinyMCE)はオフになる。
 投稿画面では、摘要した文字装飾がそのまま編集画面にあらわれる、いわゆるWYSIWYG(What you see is what you get)編集が可能になる。挿入した画像やテーブルをドラッグ&ドロップで移動したりサイズを変えたりできる。

■利用方法:
 wp-content>pluginsフォルダに説明どおりに設置し、管理画面>プラグインにて、EditorMonkeyを「有効化」にする。
 InternetExploror、Firefoxなどのブラウザで投稿画面にアクセスすると、ツールバーセットが「投稿内容」の欄の上部に読み込まれる。
 
■課題・問題:
 MacOS X標準Webブラウザ「Safari」では互換性等の問題から利用できない(オフになっている)。ソースコードの編集でオンにすることもできる模様。WordPress標準のリッチエディタも同様にSafariでは使えない。
 ビジュアルリッチエディタ上でコピー&ペーストがうまく機能しない。ペーストできて見た目にも反映されるが、記事の保存を実行すると空になる。HTMLモード(ソースコード)では問題ない。
 FCKeditorにおいて、<!–more–>(続きを読む…)や<!–nextpage–>(次のページ)のボタンをクリックしてもタグ類が画面にはあらわれないので、挿入されたかどうか分かりにくい。TinyMCEではエディタに表示され分かりやすい。
 文字コードがutf-8の環境にて、TinyMCEの一部メニューが文字化けする。ブラウザの文字コードを変更してみると「ISO-2022-JP」にて正常に表示される。詳細は未確認。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント/質問お待ちしています

トラックバックURL:
http://wpcms.jp/150/trackback/

CATEGORY

ARCHIVE

2017年11月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930